BLOG

ロゴタイプとシンボルマーク

プロが教えるロゴタイプとシンボル(マーク)の違い。

日本では一般に、企業やブランド、サービス、商品などの商標(一部除く)やイベントなどのタイトルやシンボルのことを総じて「ロゴ」、「ロゴマーク」と言い、それをデザインすることを「ロゴデザイン」と呼んでいますが、実際には「シンボルマーク」と「ロゴタイプ」またはそれらの組み合わせを指しています。

「シンボルマーク」は象徴化されたデザインが印象に残りやすく、「ロゴタイプ」は文字としての機能によりその意味や名称として記憶されやすい特徴があります。

基本的には「シンボルマーク+ロゴタイプ」か「ロゴタイプ」(例:SONY)のみで使用され、「シンボルマーク」のみの場合はすでに広く認知されていることが前提となります

(例:Appleのリンゴマーク)。

それぞれの特徴を踏まえつつ、起業の際にはどのタイプがあなたの会社やサービスにマッチするかをぜひご検討ください。

<追記>
シンボルマークもロゴマークと同じく和製英語で、英語では細かく分類せずに総じてLOGOと言うようです。あえて別けるならSYMBOLで良いみたい。学校で習ったんだけどなぁ。すみません!


BDSではご相談だけでも喜んで承りますので、デザインについてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

メールアイコン

関連記事一覧